Holiday」カテゴリーアーカイブ

はじめ雑学、としてたけど学問ではないので変更。20190329
その他、をHolidayに変更 20190530

本棚追加

自力リフォームで本棚追加。上の棚が板厚24mmで重かったため、中段は板厚20mmでやってみた。材木店には「元の板厚が24mmだから薄くするとオガクズが多くなるだけ」と言われている。仕上がりのサイズは正確。

元の壁が杉、腰壁を自力で張って、ホワイトボードとディスプレイ(32inch)、時計をつけて、仕上げがこの本棚。

まだ材木が残っている。

リビングに腰壁を張る(3)

第3ステージは見切り。矢澤材木店にはなかったのでまっすぐの木材からトリマーで作るのかなあと考えていた。あちこちホームセンターに行ってみたら、綾瀬市のハンディホームセンターにありました。そのままだと出っ張りすぎるけど、内側をトリムすれば使えそうだ。

杉Pつなぎ見切り材、888円を2本購入

難しかった45度のコーナー。付き合わせて135度になるように67.5度にカット。スライド丸ノコのおかげで正確に切れた。

どの板を手前にするか選ぶのが楽しい。赤っぽいところを選ぶ。
上から見たところ。見切りも赤っぽいところ
左右2箇所
赤っぽくて節が少なめ

2.4mm x 32mmのミニビスで2箇所どめ。

見切りをつけたら、すきまが目立たなくなった

全体風景

時計の文字がにじんで18年みたいに見えるけど、18.7℃。4月4日、寒い。

本棚の下はLにカット。

本棚の下、見切りでビス止めの穴が隠れた
正面奥が本棚

終端を面取りしてみたら、ワンポイトになっている横溝が斜めにカットされてしまい、見た目いまいちだったのでそのままにした。

ようやく4月4日に完成。冬は終わっていた。


リビングに腰壁を張る(2)

第2ステージは窓枠周り。窓枠ごとに高さが違う?驚きの施工。材料を切る前に気がついてよかったです。窓のないところは高さ790mm、窓の下は654mmと490mmの2種類だけど、654mmと650mmのところがあったり、490mmと484mmくらいのところもある。窓枠のないところは790mmなので、切り替わり目の板を、窓枠の角を囲むようにL型に加工してきちっとはめるのだ。さらに45度カットという難関、斜めに付いている勝手口のドアの両側。

別件ですが、ガラスをペアガラス(スペーシア)に交換、こちらはプロにお願いした。

まだ腰壁は張ってない。

窓枠の高さが場所によって異なる。材木店には長めにお願いしておいて、スライド丸ノコでギリギリに切って張っていく。

腰壁を右から張っていく。ルーバー窓には内窓を付けた。こちらもプロの仕事。TV台、ついでに作りました。

45度のコーナー、どの板を使うか、幅はどちらに寄せるか、コーナーの合わせ方はどうするか、トリマーを使ったら簡単にできるのではないかとか、上手いことやろうとしてしばらく踏ん切りがつかなかった。こういうところがアマチュア、というか趣味だな。

隙間あいてますね。
45度をクリアしたら、あとは一気に張る。

45度のコーナーを上から見たところ。

この合わせ方にしてみました。

窓の角の合わせてL型に加工

上の方、ちょっと隙間空いてるね

板は2.4mm x 32mmのミニビスで上下を止めていった。

木目を見ながらどこに配置するか決めていく
790mmの板が間に挟まる
コンセントの穴から寒い風が吹き込む。隙間風を防ぐためのコーキングの跡が見える
マキタのスライド丸ノコでコンセント加工
表はこんな感じ
こちらは幅が狭いコンセント、穴を塞ぐ
切った破片を少し加工してはめる
コンセントカバーを付ければ、よくみないと破片で埋めているのがわからない

腰壁のトップに見切りがついているけど、見切りの話はまた次回

ステージ3に続く

リビングに腰壁を張る、日曜大工

1Fリビングに腰壁を張るぞ

もう1年も前の話だけど、やり方を忘れそうなのでブログに残しておくことにしました。1Fリビング・ダイニングに日曜大工で腰壁を張った話。

リビング・ダイニングはもともと杉板の内装なのだが、杉板の収縮で隙間ができて寒いのでした。そこで腰壁を思いついた。縦に張っていけば隙間風は防げるだろうし、板厚もあるので暖かいのでは?

スライド丸ノコを手に入れてから日曜大工が楽しい、というのもあったけど、プロに頼むと一気にやらなくてはならず、事務所を片付けなくてはならない。自分でやれば片付けしなくてもいいし、作業しているところだけ家具を移動させながらのんびりやれる。

材料は矢澤材木店に注文、店主と相談して、さね加工の杉板(板厚12mmx110mmピッチ)を使うことにした。このお店は色々相談に乗ってくれるので助かりました。寸法を伝えて切ってもらう。配達してくれます。

材料が来たのが2月8日、いつ頃できるのかな。

まず簡単なところから始める。コンセントを避ける加工が1箇所ある。これが2月15日、第1ステージ完了。

本棚までの高さ、790mmでカット
木目を合わせたつもり、赤と白を交互とか考えたが、経年変化で同じような色になると判断。

ここまでで約1束。いけそうなので残りの材料を見積もり

第2ステージ用の材料到着

本棚用の木材も混じっている。長いさねは余り。

ステージ2に続く

薪ストーブ、マキストーブ

「暖炉」ではなく、「薪(マキ)ストーブ」です

燃料はマキ。その辺に生えてる木を30-40cmの長さに切って、半年ほど軒先で乾燥させる。程よく乾燥しているマキはよく燃える。乾燥が甘いと燃え残る。乾燥が進んでいくと、虫が食ってスカスカになり、すぐ燃えてしまう。程よい乾燥が重要だ。

細いマキはすぐになくなってしまう。細いマキは何本か束ねて、たき付けに使うと良い。

太い薪は長持ち。火がつきにくい。

太い薪はひとつだとすぐ消えるけど、二つくっつけて燃やすと、間に空気が通ってよく燃える、火が長持ちする。薪が燃えて減っていくと二つの薪が離れていって火が弱くなる。そこで、二つの薪の間に新しい太めの薪を追加。再びよく燃える。