Mac OS 10.6のWebサーバを移転、SSLはどうなった?

Mac OS 10.6のWebサーバを移転、SSLはどうなった?

藤沢事務所からSSL認証付きのWebサーバを七里ガ浜に移動しました。
IPアドレスが変更になって、Mac OS 10.6.8のシステム環境設定の[ネットワーク]でアドレスを手入力して、インターネット接続を確認しました。[共有]でWeb共有している状態はそのままです。...で、繋がらないという問題について語ります。

1.証明書を再発行したり、再設定する必要は無い
RapidSSLの代理店であるエスロジカル社のサポートにお伺いしました。最高のサポートでした。

2.Web共有で使われているApache2のディレクトリ
confファイルは、/etc/apache2にあります。ここにVirtualHostの記述があって「ポート443が旧アドレスになっているのでは?」というのがエスロジカル社から聞いた話でして。あたりです。confファイルは大元が「httpd.conf」でその中でモジュール化が図られている場合が多く、今回は「httpd-vhosts.conf」を見てみましたが443の記述がありません。
どうやら「extra」というディレクトリにインクルードファイルがあるようです。

3.cd extra
ここで「443」という記述が含まれているファイルを探してみたところ、「httpd-ssl.conf」が見つかりました。次のようにします。

4.grep 443 ht*.*
cd extra/
grep 443 *.*
httpd-ssl.conf:# Listen directives: “Listen [::]:443” and “Listen 0.0.0.0:443”
httpd-ssl.conf:Listen 443
httpd-ssl.conf:
httpd-ssl.conf:ServerName ●.●.●.jp:443

5.sudo vi httpd-ssl.conf
これで修正して保存。

6.Webサーバを再起動
Webサーバだけ再起動すれば良いところを、念のためマシンを再起動しました。

これで接続できるようになりました。!!!
エスロジカル社のサポートの方、ありがとうございました。

1 thought on “Mac OS 10.6のWebサーバを移転、SSLはどうなった?

  1. ピンバック: Mac OS 10.6のWebサーバを移転、SSLはどうなった? | JiroTech

コメントは停止中です。