Vectorworks」カテゴリーアーカイブ

Visual Studio Code

エディタ紹介

https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/code-vs.aspx

Marketplaceで、pascal対応のフリーのextensionを見つけました。

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=alefragnani.pascal

インストール方法:Visual Studio Code(以下、VS Code)を起動。⌘+Pをタイプして、「 ext install pascal」をペーストしてenterキーを押す。これだけでPascal文法に対応してくれます。

Installation
Launch VS Code Quick Open (⌘+P), paste the following command, and press enter.
 ext install pascal

 

これでVectorScriptを編集してみると...wonderfull!!!

vscode_vectorscript
インテリセンスも働きます。次々に先行補完がされて、コーディングミスが少なくなります。

VectorScriptでデスクトップにテキストファイルを作成

VectorScriptでデスクトップにテキストファイルを作成するスクリプトを作りました。

MacOS X 10.10とWindows7のどちらでも動きます。

{ 関数:Jiro_DesktopPath }
{ 機能:デスクトップのパスを取得する }
{ User App Data 12 }
function Jiro_DesktopPath: string;
const
kDesktopKeyword_Mac = ‘Library’; { ユーザデスクトップパスを得るためのキー }
kDesktopKeyword_Win7 = ‘AppData’; { ユーザデスクトップパスを得るためのキー }
kDelimiter_Mac = ‘:’; { 区切り文字 }
kDelimiter_Win = ‘\’; { 区切り文字 }
var
path: string;
keyword_in_path: string;
delimiter: string;
index: LONGINT;
strLen: LONGINT;
appMajor, appMinor, appMaint, platform :INTEGER;
BEGIN
{ ユーザデータのフォルダを取得、このオプションにはユーザ名が入っている }
path := GetFolderPath( 12 ); { Mac: Library, Win7- : App Data 12 }
strLen:= Len( path );

{ Mac or Win }
GetVersion(appMajor, appMinor, appMaint, platform);
IF (platform = 1) then begin
{ Mac }
keyword_in_path := kDesktopKeyword_Mac;
delimiter := kDelimiter_Mac
end else begin
{ Win }
keyword_in_path := kDesktopKeyword_Win7;
delimiter := kDelimiter_Win
end;

{ キー以降を削除 }
index := Pos( keyword_in_path, path );
IF ( index > 0 ) THEN BEGIN

{ 見つかったらそのあとを削除 }
Delete( path, index, strLen-index+1 );
path := concat( path, ‘Desktop’, delimiter );
END;

Jiro_DesktopPath := path;
END; { Jiro_DesktopPath }